--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒神

2007.04.21 *Sat
『荒神』

昨日観ました! なかなか面白かったですっ
これって堤幸彦監督と北村龍平監督とのガチンコ勝負の作品だったのですね
スタントコーディネーターは下村監督と吉田浩之さん☆

密室的空間で対決する2人 をテーマに作られてるとは
実は本編終わってから観たメイキングで知ったんです w
観始めて半分ぐらいで アレ?セットこんだけか? とは思いましたよ
でも だからこそ面白いなー 変わってんなー 時間も短いし
セリフの掛け合いめっちゃ面白いって 考えながら観てました

そう スタートは雷音響く中 ボロボロに傷ついた侍2人の登場から
謎の女性のかすかな微笑から始まり緊張感漂ってました
更に謎の 自称 「荒神」 と名乗る男の登場
ライティングでその謎の男の加藤雅也さんの顔めちゃめちゃ怖かったし
これは真面目な時代劇アクションだな と覚悟したんですが…
あれれれ???
侍役の大沢たかおとのセリフ合戦が何だか可笑しくなってきたぞ…

この荒神さん 自分では死ぬことが出来ないので腕のたつ奴に殺して貰おうと
このお侍さんを選びます 最初のシーンで矢が何本も刺さってたし絶対
死んでたであろうこの方 ところが全部の傷を治して貰いピンピン
しとります www この時点で何かオカシイ…とは思ってましたが w
そーかーお互い不死身の身体になっちゃったかー www
でも不死身ではありませんでした 心臓やるか首切れば死ぬそうで
で 死にたい荒神さんではありますが自害はイヤと…
私も大沢さんの身になって むちゃくちゃ言いはりますなー と
突っ込んでしまいました w
戦いの神だから最後まで戦うコトを選ばないといけないんですって
もうね このへんの会話が面白いんです
凄い内容の話してんのに 会話劇がかなりイケます
ちょとーーっ 笑っていいの? ここでっ ってもう爆笑してますけど
観てるこっちまでわけわかんなくなって来て
まんまと北村ワールドの罠にはまった感じ
加藤雅也さんが大阪弁使い出した時には笑いが止まりませんでした
戦いモードに入って お!?こっからアクション三昧かっ?
と思ったら武器陳列に拍子抜けしてしまうし
どれにする?これおすすめ♪ なんて 宝石商かぃっ!

が まー やはり こっからが面白かった
殺陣!殺陣!殺陣! これも 「かちこみ!…」 と同じように
ストップ決めポーズがかっこいーんですよっ
刀振りかざす前 振り切った後
でもぶち切れじゃなく流れるように続くアクション
はぁぁぁぁぁぁ 気持ちよかった
いや もう妖怪の世界ですな 腕取れても引っ付くもーん w

最後はちゃんと勝負つきます オチもいい
これって 「あずみ」 に続くように作られてたんですか?
私の中ではバーサスでした w (あずみ未見なもので すみません…)
しかも坂口拓さんの登場は 「あっ新井さん?」 だったし w
この閉ざされた空間で展開されてくストーリー
あるのは 窓から差し込む 稲光 月明かり 太陽の陽射し のみ
いやぁぁ~ 面白かったです


メイキングも凄い良かったんですよ 
加藤さんがあんなに面白い人とは思いませんでした 何度も笑いました
まんま関西弁使いはるんですねー 妙に馴染んだゎ… www
大沢さんの株も上がったし 真面目なんですね
監督・スタッフの皆さんの限界ギリギリの頑張りも見れて
大変満足でございました 観てる側の思い入れも変わるってもんだ!
たった1週間とちょっとの期間で限られた低予算で作られたこの作品
私は好きです☆


ストーリー   ★★★★
アクション   ★★★★
おすすめ度  ★★★★

CATEGORY : 過去ログ | THEME : DVDで見た映画 | GENRE : 映画

COMMENT

ふっふっふっふ、ご覧になりましたね~、『荒神』v-42

何を隠そう、私の映画ベスト1ですからね~『荒神』はv-238
ま、『VERSUS』がそれに取って代わる日も近いかも知れませんが(えっ?)
『荒神』のメイキングを見て、加藤雅也さんのイメージがいい意味で崩れた人は数限りないはずです。
「荒神カップv-273」は特許品です!(嘘です)

映画のほとんどを占める会話劇のおもしろさと、武道がお得意な加藤さんのアクション(大沢さんもアクション初めてにしてはがんばっておられました)、他に類を見ない作品だと思います。
はっきり言って、堤さんとの勝負は、お話にならないと思いますね。『荒神』がおもしろすぎて。

拓ちゃんは…いきなり何?この人は?状態でした、私はv-26
『VERSUS』を見て初めて、意味がわかりました…

TEAM VERSUS、加藤さん大沢さん、そして殺陣の東郷先生の
総合芸術傑作と言っていいのではないでしょうか。

ま、そういうこっちゃ!!
2007/04/21(土) 03:12:02 | URL | みーや #- [Edit
(^○^) 最後のセリフにまた大笑いしてしまいましたよ みーやさんwww
そう いい意味で崩れまくりました
舞台挨拶も北村監督との掛け合いがたまらなく可笑しかったし!
見る目変わっちゃいました~ 好きになりましたよんv-221
みーやさんの映画ベスト1とはっっ てっきりバーサスと思ってたv-433
でも本当にこの作品は高得点ですv-363
ちなみに堤監督との勝負ってついたんでしょうか…

私…順番むちゃくちゃで観てしまってるのでどれが先で後でってのが
わかんないんですよねぃ^_^; へへへ まだまだ観てないのいっぱいだぞー
次は「ALIVE」で~す(*^^)v
2007/04/21(土) 22:36:42 | URL | にゆ #zHAUYs2U [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Recent entries



Welcome ♪

うり

Author:うり
 
猫 飼い始めました
はっきり言って大変です;
でもなくてはならない存在に
なりましたのよ フフフ

黒白が『八茶』はっちゃん
トラが『小鉄』こてっちゃん
以後ヨロシクでございます
 
映画ブログでスタートしましたが
今後は猫話題が多くなると思います
すみませぬ

生活リズムが変わってしまって
最近は映画見る時間
少なくなってしまったけれど
あいかわらずアクションモノが好き 
下村勇二監督率いる
U'DEN FRAME WORKS さん
の作品を最も愛しておりまする☆
もっともっと日本アクション界が
盛り上がりますように!!



Category



Recent comments



Thank you ♪



記事検索



Archives



RSS



QRコード

QR



Mail

名前:
メール:
件名:
本文:



Copyright © 。o〇 スウィートジャッジ 〇o。 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee
11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。