--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アバター

2010.01.27 *Wed
『アバター』

話題の映画って事で…やっとこさ行って来ました。
3Dがどこまでのものやら興味あったので~♪

凄かったですね、やっぱり。パンドラの世界を疑似体験。本当に夢の国。
ジャングルのような大自然が広がりその中を歩く走る飛ぶ上がる落ちる、笑。
ここがまた昼はキレイで夜は幻想的。
翼の生えた竜に、空に浮かぶ島に、木の精。
どっかで見たような…とは思っちゃダメだ、笑。
この光景が目の前に広がった時湧き上がる感動は
あのアニメを初めて見た時と重なるんだけれども、笑。
でも人間が理想とする世界を描くとこうなるんでしょう。
似てるけど同じじゃない。
そもそもこんな世界を想像した方々が凄い。
未知の星にこれだけの植物を生やし生物を住まわせちゃったんですもん、笑。
その創造力がとにかく凄いと思いました。

現実の世界は色を落とし、パンドラの世界はまばゆいまでの光を放ち
それを交互に見せつけられる事ですっかり私もリンクしてました、笑。
谷垣さんもおっしゃってましたけどあの青色娘が可愛く見えるようになる、笑。

ただ物語に関しては…わかりやす過ぎて困った、笑。
設定は感心するばかりなんですが
「とある星には大気はあっても酸素がなく人間は生活出来ない。
そこに入り込むにはマシーンに横たわり意識だけリンクさせ
人間とナビィ(原住民)のDNAを合わせたアバターを操作する…」
が。あとは想像するとおりに展開して行くので大きなワクワクはなし。
(小さなワクワクはいっぱいありますよ、笑)
なもんで当然ハラハラドキドキもなく…刺激が足りん。
最後も「やっぱりそう来たか」でしたしね、笑。

ぁ。戦闘シーンはなかなか興奮。戦闘機vs翼竜は見ごたえあり☆


個人的な問題としては…目が非常に辛かったんですけど。皆さん平気だったのかなぁ…。
私は相当やられました。途中何度かずらしてギューっと目閉じたりもしましたが
終わってからも30分くらい左目から涙が流れて…。ちょっとストレスになったなぁ。
CATEGORY : 過去ログ

COMMENT

3Dは頭痛がします
始めまして。ご訪問いただきましてありがとうございます。
アバターの3Dは、見ごたえありましたよね。
これだけの生態系を考えるのは、すごい!と思いました。
でも、私も見終わった後、眼にこたえましたよ。
そして、しばらく頭痛が・・・。

脱獄王も面白そうですね。
是非見たいです。
2010/01/31(日) 14:26:41 | URL | movie page #- [Edit
movie page さん☆
はじめまして!コメントありがとうございます。
ぁ。やっぱり眼にきましたか…。
ちょっと疲れますよね。目が弱い人は途中休憩入れないと…。
でもあの幻想的な世界は見といて良かったですよね、笑。
あんなの作れるんだっ!お金も恐ろしくかかってるんだろうけど、笑。

脱獄王は賛否両論みたいですが、私にはツボだったのですよ、笑。
2010/02/02(火) 00:49:55 | URL | にゆ #zHAUYs2U [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Recent entries



Welcome ♪

うり

Author:うり
 
猫 飼い始めました
はっきり言って大変です;
でもなくてはならない存在に
なりましたのよ フフフ

黒白が『八茶』はっちゃん
トラが『小鉄』こてっちゃん
以後ヨロシクでございます
 
映画ブログでスタートしましたが
今後は猫話題が多くなると思います
すみませぬ

生活リズムが変わってしまって
最近は映画見る時間
少なくなってしまったけれど
あいかわらずアクションモノが好き 
下村勇二監督率いる
U'DEN FRAME WORKS さん
の作品を最も愛しておりまする☆
もっともっと日本アクション界が
盛り上がりますように!!



Category



Recent comments



Thank you ♪



記事検索



Archives



RSS



QRコード

QR



Mail

名前:
メール:
件名:
本文:



Copyright © 。o〇 スウィートジャッジ 〇o。 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。